フジ/ログvol.7 淀川絶景

お問い合わせは0120-00-0022
資料請求する 来場予約する
HOMEHOME

フジ/ログvol.7 淀川絶景




先日、久々に京都を訪れると、外国の方の観光客の多さにビックリしたタヌキんぐと申します。
いや~、しかし驚きました!多いとはニュース等で存じ上げておりましたが、まさか、ここまでとは!!嵐山の渡月橋なんか片側通行ですし、四条では異国の地と思えるぐらいの多国籍の方が楽しまれていて… しかし、活気が戻って良かったと思います! さて、本日は、梅田と塚本の間に流れる淀川について、深掘りをしていこうと思います。 ※浅堀りでしたら、申し訳ございません。 少しだけお付き合いいただければ幸いです。

 




JR「塚本」駅について!


急な寒さに耐えられないタヌキんぐと申します。
今回は、新しくデビューしました当社の最新の新築分譲マンション(仮称)JR「大阪」1駅×駅前2分プロジェクトの最寄り駅となりますJR「塚本」駅についてご紹介をさせていただきます!※物件名称が長くて、本題の説明に入る前に長々となってしまい、申し訳ございません。仮称ですから…

 

 
目次~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・淀川の歴史
・淀川の取り組み
・塚本から見る淀川絶景
・新築分譲マンションのご紹介!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

淀川の歴史

淀川は、滋賀県の琵琶湖をスタートに、京都、大阪を流れ、最終的に大阪湾に注ぐ一級河川です。幹川流路延長75㎞、流域面積は8,240㎢と日本有数の大河です。 琵琶湖から流れ出る唯一の河川である瀬田川をスタートし、京都付近の中流域では宇治川と呼ばれ、大阪府と京都府の境界付近エリアで、桂川・木津川と合流し淀川となります。 また、大阪市都島区付近で、旧淀川と分流し、以降の本流を新淀川と呼ばれる事もあります。旧淀川は、大川・堂島川・安治川となります。 淀川の成り立ちは、古来より淀川流域は、日本の政治・経済・文化の中心とて栄えてきました。淀川は平安時代の頃から、既に水路でも交通の大動脈として、当時、都があった京都と瀬戸内海や西国とを結ぶ重要な役割であった事が文献に残されています。 また、天下統一した豊臣秀吉の時代には、伏見城築城の際、淀川が重要な運搬航路としても利用されています。秀吉は、当時堤防が無かった淀川左岸に、今の枚方から長柄に至る全長約27kmにも及ぶ連続した堤防「文禄堤」を築いたそうです。 淀川は古くから、生活の一部として活用されてきていて、市民の生活にも無くてはならない大河であったのではないでしょうか。 大阪市民にとって大事な淀川、水の都と言われる由縁を考察して参りました。 では現在、淀川は、市民にとってどのような役割・関わりがあるのでしょうか。
 

淀川の取り組み

古くから生活に欠かせない淀川でしたが、度々の洪水に悩まされておりました。その教訓を生かした現代では、洪水対策が徹底され、河川敷は様々な目的で利用出来る取り組みが進められています。 洪水対策では、以前から取り沙汰されている南海トラフ巨大地震に備え、淀川左岸右岸の整備をはじめ、集中管理センターを設置し随時監視を行っております。また、西島水門(右岸)、伝法水門(左岸)に設け、川の流れを調整出来るようにもなっております。  環境維持については、淀川“わんど”クリーン大作戦なる活動を展開し、河川敷の清掃活動や生態系の維持等が行われ、未来に繋がるきれいな淀川の維持も行われています。 少し余談ですが、淀川には国の天然記念物でもある「イタセンパラ」という魚が生息しているそうです。聞きなれない魚ですね?実は、絶滅危惧種に指定されています。 ※蜜漁のパトロールもされているみたいです!!


 

塚本から見る淀川絶景

淀川について、長々と熱く語らせていただきました理由は、 塚本から見る淀川の絶景をご紹介したかったからです! ※YouTubeのような尺稼ぎではござません!! JR「塚本」駅の東出口から淀川方面に歩いて徒歩5分(約400m)にある淀川堤防からの絶景が本当に素敵なのです! 休日には、お子様と一緒に家族で散歩されていたり、カップルで散歩されていたり、 ジョギングや自転車などスポーツを楽しまれていたり…。野球場では試合が行われていたりなどなど…。 ここが、都会である事を忘れてしまいそうな風景が広がります。 そして、対岸に広がる梅田周辺の高層ビル群の絶景。 遮る物が無いので景色が一望でき、眼下に大パノラマが広がります!! 機会がございましたら、是非実際にご覧いただければと思います。 写真とは迫力が全く違います!! ※夏には淀川花火大会も開催されます。 少しの間、ぼ~っと、眺めていました。


 

今回、ご紹介させていただきました「淀川絶景」いかがだったでしょうか?
 梅田側からや十三付近からなど…。場所によって見えてくる景色も異なってくると思います。個人的には、この最近建設ラッシュが著しい「うめきた」エリアを臨む塚本からの風景が大好きです。 そんな絶景が楽しめる塚本駅近に誕生する当社の新築分譲マンションをご紹介させていただきます。

・JR「塚本」駅 徒歩2分(約120m、西口まで)に
・全71戸の新築分譲マンションが誕生予定。
ご興味のある方はぜひ、オフィシャルHPをご覧ください!

↓ご興味がある方はこちら↓

新築分譲マンション (仮称)JR「大阪」1駅×駅前2分 プロジェクト

最後までご高覧いただき、ありがとうございました。

今回、タヌキんぐがご紹介をさせていただきました!


※参考・引用サイト:国土交通省 近畿地方整備局 淀川水系
          ウィキペディア 淀川
          淀川河川事務所 淀川だより

お電話でのお問い合わせは 0120-00-0022